top of page

「ここまで人間っぽく歌えるのは衝撃だった」初音ミク誕生から15年 「ボカロ」が音楽史に刻んだ絶大なインパクト



青緑色の髪でツインテールのバーチャル・シンガー「初音ミク」は2007年8月に誕生した。2023年で設定年齢の16歳を迎えることになる。パソコン上で歌声を再現する「バーチャル・インストゥルメント(仮想楽器)」にキャラクターを付与する斬新なアイデアは、発売直後からアマチュア芸術家たちの創作意欲を大いに刺激。誕生と時をほぼ同じくして登場した動画サイトに次々と作品が投稿された。「ボカロ音楽」出身のスターも生まれ、専門家も影響の大きさを「日本の音楽史に大きな足跡を刻んだ」と説明する。(共同通信=佐々木一範)


ミクは札幌市の「クリプトン・フューチャー・メディア」が発売した3作目の歌声合成ソフト。旋律と歌詞を入力するとかわいらしい声で歌い上げる。同種の商品は、元となったヤマハの技術から「ボーカロイド(ボカロ)」とも呼ばれる。クリプトン社が手がけた歌声合成ソフトの売り上げは初音ミク以外も含め累計約28万本に上る。


パソコン上でドラムやピアノ、バイオリンといった楽器の音を再現する技術は「打ち込み」と呼ばれる。ただ、歌声についてはボカロが登場するまで長らく実現が難しかった。名古屋市千種区の音楽教室「G―Life Music」講師の佐藤和典さん(42)は「ここまで人っぽく歌えるのは衝撃的だった」と振り返り「人の場合、正しく歌うのも、録音を聞きやすく編集するのも難しいが、ミクは手軽に操作できる。自宅で曲を録音する『宅録』人口を増やしたことは間違いない」と語る。歌声合成ソフトは他にも多数あるが、代名詞と言える存在だ。

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


名称未設定-1.png
bottom of page